花粉

花粉にいいセサミン

アレルギーを持つ人が増えてきました。
環境が変化したことや住宅建材などが理由とされています。
花粉症の人も少なくありません。

花粉症と深い関係があるとされているのが、アラキドン酸。
アラキドン酸が過剰に増えると花粉症の症状が強く現れてしまいます。
セサミンは花粉症の症状を引き起こすアラキドン酸をつくらないようにする働きを持っているため、つらい花粉症を改善することが可能です。

毎年同じシーズンになると、花粉症に悩まされているという人は、セサミンでその効果を試してみる価値があるのではないでしょうか。
目の痛みや涙、鼻水、くしゃみといった症状がひどくなると、仕事にも支障が出ると言われています。
生活の質が下がってしまう大きな原因でもある花粉症を少しでも緩和するために、セサミンをおすすめします。

セサミンは花粉症のようなアレルギーに効き目があるだけではなく、つらい症状を引き起こす喘息も抑える力があります。
花粉症と同じようにつらい症状を引き起こすものにアトピーがありますが、アトピー性皮膚炎と喘息を併せ持っている人がたくさんいます。
喘息は身体を丈夫にしながら薬で症状を抑える治療が一般的ですが、喘息を引き起こすとされるプロスタグランジンを抑えることのできるセサミンならば、身体にやさしく作用しながらつらい症状を抑えてくれます。

同じくプロスタグランジンが原因となるリウマチにもセサミンが効果を発揮します。
リウマチは発症してしまうと完治させることができないと言われる難病です。
慢性化することも多く、長期にわたって治療を続けていかなければいけません。

セサミンで少しでも症状を緩和しながら治療を続けることで、つらい治療を続けやすくなるのではないでしょうか。
ただし、治療薬の働きとセサミンの働きは相反するものなので、治療薬を飲み続けている人がセサミンを飲むときには、必ず担当医に相談するようにしましょう。
自分の判断で勝手にセサミンを飲んでしまうと、症状が悪化してしまう恐れがあります。

Copyright(C) 2013 日常生活に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.